スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙の日

どーも、arizonaです。


今日。

2009年8月30日衆議院総選挙、初めて選挙に行った日。




今年20歳を迎え、ついに選挙権を取得した。

これまで長かった。



高校生。

明確な「政治」に対するビジョンはなかったものの、「政治」を憂い、「経済」を憂いていた。


選挙に、行きたかった。


テレビのコメンテーターの冷静な意見に流された。

自分の意見なんて無いに等しかった。

一日置きに変わる自分の「政治」に対する意見は、政治を変えることもなく、揺らすこともなく、ただ虚空に向かって叫ぶだけだった。


選挙に、行きたかった。




そして1年間の受験勉強を経て、自分の、自分だけの、「政治」に対するビジョンを得た。

もう流されない。

自分のと違う意見を聞いたとしても、それを自分のに肉付け出来るだけの柔軟さが持てた。




どうせ「政治」に対するビジョンなんて、たかが「好み」でしかない。

大学生だって、サラリーマンだって、主婦だって、医者だって、弁護士だって。

そして、政治家だって。

たかが「好み」を声高に叫んで、それが一番正しいのだと、それが唯一の正解なのだと意思表示する。

誰かに自分を肯定してほしいから、誰かに認めてほしいから、たかが「好み」で武装して虚勢を張っているだけ。


それは寂しいこと?

いいや。

たかが「好み」は、ありさえすればいい。



今年の春、世界人権宣言の理念を実現するためのNGOに参加することにした。

Amnesty International Japanの会員になった。

世界中で苦しむ「良心の囚人」や「難民」の、少しでも支えになれればと思った。


これが俺の「好み」。

護憲派、というのも「好み」。


良いとか悪いとか正しいとか間違ってるとかじゃなくて、たかが「好み」。




今日。

仰々しいハガキを持って投票所に行った。

手にした選挙権は、なんだかとても暖かかった。

昔欲しくても手に入らなかったモノが、今自分の掌にある。


これまで、選挙権という近代民主主義国家の象徴を獲得するまでに、多くの非有権者の流した幾筋の汗があった。

涙があった。

そして、血があった。


今、こうして当たり前のように貰った選挙権には、彼らの鼓動が生きている。

その熱量が、現代に巡っている。



今日。

選挙に行った。

真に「力」のある政治家の名前を書いた。

実現してほしいマニフェストを掲げた政党の名前を書いた。

人権やLegal mindを無視した最高裁裁判官の名前に×を付けた。



自分勝手で変な正義感に溢れた「政治」ビジョンで自分を慰めていた昔とは違う。

自分だけの、たかが「好み」で塗りたくられた、確固たる「政治」ビジョンを引っ提げて投票したのだ。



今日初めて国家の構成員になれたような気がした。

政治に対して声を上げることができた。

影響を与えることができた。




2009年8月30日、この国の一部になれた日。
スポンサーサイト

龍の伝説

若者よ。

そう急くでない。

この老いぼれの話を聞いていかんか?

龍の伝説じゃ。





ある大学に龍が生息しておった。

その龍は特に若い娘が好きでのう。

文化的目的追求活動集団の飲み会で若い娘を選り好みしておったんじゃ。

その赤き眼で娘たちを眺めていると、ある娘に惹かれたのじゃ。

龍は娘に毎晩のように電子郵便を送り続けた。

しかし娘にはその龍が恐ろしかった。

好意のこもった文章を読むにつけ、恐ろしさが増していくのじゃった。

龍は誘う。

娘は断る。

これを繰り返すのだが、龍は娘が自分に気がないことを気がつかないのじゃ。



龍は頭が弱かった。



そこで、悩んだ娘は龍に対して明確な拒絶の意思を示した。

すると龍は「この娘、俺様を断るとはなんと無礼な女だ」と思い、娘に向かってその過失を責めたのじゃ。

いわゆる逆ギレというやつじゃな。


娘は龍の恐ろしさに泣き暮らしたそうな。



そして別の飲み会が開かれた。

飲み会には娘を含めて多くの若い娘が参加してのう。

娘に断られた龍は、自尊心を傷つけられたと感じて、その娘のことはもう誘わないであろうと思われた。

そのため他の若い娘たちにその龍の毒牙が向けられるのではないであろうかと心配されたのじゃ。



そのとき、若い娘たちの危機に立ちあがった男がいた。



その男はまさに救世主<メシア>じゃった。


メシアは龍の日ごろの凶悪な態度に業を煮やしていた。

遂に龍退治に乗り出したのじゃ。



メシアは作戦をしかけておった。

龍と若い娘たちを極力離して他の男衆とだけ会話をするように仕向ける、というものじゃ。


作戦は見事に決まった。

座席は長机を囲むような形で11人が座ったのじゃが、片方の角に龍を押し込み、それを男衆3人で囲うように座った。

そしてもう片方に若い娘7人を適当に座らせれば完璧じゃ。


会は進み、メシアの巧みな話術で若い娘たちと龍は一言も会話をすることはなかった。

何度もチラチラと以前誘った娘に視線を送っていたのじゃが、龍にできることといえばそれくらいのものじゃった。

メシアの力は圧倒的じゃった。


遂に龍はメシアに屈した。

「まだ1時間半しか経ってないのかよ」

という言葉を残してテーブルに突っ伏したのじゃ。



龍はこの場では確かにメシアに屈した。

しかし龍の思考パターンから察するに、いつか必ず、赤き眼を揺らして若い娘をとって喰おうとするじゃろう。

それだけは避けなければならぬ。

あるべき秩序を取り戻すため、危機が訪れるたびにメシアは立ちあがるのじゃ。






眠れる龍を起こしてはならないのじゃ。

Asahi 玉露と抹茶チューハイ

どーも、arizonaです。



これ知ってますか?


おちゃ



最近のマイブームが、夜に酒飲みながらコナンを見ることなんですよねww

映画を見てから急に再ブームが到来しまして。

しばらくみてなかったんで、今どこらへんまで行ったのかとか知らなかったんです。

「あれ、キャンティとコルンて誰?!」

みたいな。

TVオリジナルを除いて見てなかったところから全部見てます。

そろそろ今のに追いつきそうです。



でね。

コナンのお供としてスーパーで安かったから買ったんですよ。

「玉露と抹茶チューハイ」
を。






味はね・・・


くっそマズイんですよ!

いやもうね、なんでこんなの作ったんだってくらいマズイんです。


マズすぎて噴き出すって感じじゃなくて、口の端から流れ落ちるみたいな。




はじめに、普通のお茶の味がするんですよ。

で、そのあとが問題です。



スピリッツのアルコールが口の中に入ってのどを通ると同時に、

抹茶独特の苦みが・・・



のああぁああぁぁぁああああ


ひぃいっぃぃぃぃぁうううううええええぇえぇ





腹の中にたまったアルコールと抹茶の風味がなぜか逆流!!


気味の悪いニオイのこもった風、いや大気が胃から食道へ戻って口を出て鼻へモハァァーン!

臭っっっっっっっ!!!


ぬぅううぁぁああああああああああああ



抹茶はアウトォォォオオオオッァァァアアアアアア




アルコールと抹茶は混ぜるな危険だぁぁぁぁぁあああああああねえぇええ


おっと吐き気が・・・・・


ううううううううっぅうぅうう


ひぃいぃぃっぃぃぃい!!








まぁ飲んでみてください。

絶対後悔しますから。



↓いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます



無抵抗ボランティア

どーも、arizonaです。


ついさっきホテルのバイトから帰ってきました。

ホテルのバイトといったって、カウンターとか清掃とかいろいろ部門があるわけで。

俺がやっているのは、宴会サービススタッフです。

企業や団体のパーティや、結婚披露宴や、法要や、商品戦略会議や、講演や、トークショーなど様々な宴会をもてなすウェイターのような仕事です。

さすがにホテルの名前は言えませんが、誰でも知ってるホテルです。

日本人ならね。

かなり有名なので、たまに芸能人が来たりします。

東京に住むよりも芸能人に会える可能性は高いです。

そして政治家の人もよく来るようです。


ですが宴会サービススタッフと言っても、まぁ宴会は2時間くらいで終ります。

実は仕事のメインは力仕事なのです。

重い椅子を何十個も運んだり、円卓や細長い卓などを移動させたり。

かと思えば、ナプキンを折って華にしたり、テーブルセットやつまようじまで厳格に整わせなければいけなかったり、繊細な仕事も多いです。


この仕事の最大のネックは、頭髪検査が厳しいことです。

男子は染めちゃだめで、後ろ髪は襟にかからない長さで、もみあげも短く耳が見えるくらいでなければなりません。

そして仕事前には整髪料で前髪を上げておでこが見えるようにし、それ以外の髪を立たせないようにするんです。

さらに、制服は支給ですが革靴は持参だったり、栓抜き持参ってのは面白いところですよね。

女子は染めても明るすぎなければOKで、まとめて団子にすれば問題ない感じです。

この条件なら、必然的に男子が少なくなりますよね。

大学生になってから、染めたりする人激増しますもん。

現在、男子1割女子9割という状況です。


さらに必然的にとてつもなくツライ力仕事は男子に回されるわけです。

一会場に男子は1人くらいですからね。




そして例によって力仕事を任されてクタクタになった俺は、フラフラしながら地下鉄に乗り込みました。

私服に着替えても、汗が止まらない状態でした。

座りました。

もうのども渇いたし汗も止まらないわで最悪な気分な上にあの疲労。

目は虚ろに放心状態でした。

催眠術にかかった人みたいな目で一点を見つめているんだけれど、その景色はなんも映らないような感じですね。


その時23時30分ごろ。


しばらくぼーっとしていると、二人組が現れたんです。

一人は俺の右隣に座り、もう一人はその一人目の前に立ちました。

相変わらず俺は生気のない表情だったと思うんですが、立っている人がものすごくデカイ人だったんで興味を持っちゃったんですよね。

おそらく190くらい・・・

そこでチラッと横目で見ました。

そしたら女物の服が見えたんです。

女にしてはデカイなと思い、さらに興味をもってしまい、今度は顔を見てみました。








明らかに男なんですよね。


髪は長いんです。

口紅もしてるんです。

キャミソール的なもの着てるんです。




でもやっぱり男なんですよね。



ひげの跡がすごいんだもの。

顔がゴツゴツしてるんだもの。



初めて実物のニューハーフさんにお会いして、生気のない放心状態の表情な一方、頭の中でものすごく興奮していました。

汗をダラダラ流しながら。



そのとき、興奮を冷ますには十分な出来事が突然起こりました。


右隣から生温かい風を感じたのです。

一定のリズムでその風が来るため、怖くなりました。

っていうか気持ち悪い風だったんです。


なんだ?!と思って右ななめ下を見やると、スカートを穿いている人の足が見えました。

しかし違和感があったのです。



その脚からは毛が生えていたのです。

女の人が手入れを怠ってそうなったとしても許されない量の毛でした。



我慢できなくなって右の人の顔辺りを見てしまいました。




なぜかその人はこちらを見てました。

しかも異常な近さで。




ばっちり目が合い、その人の顔を確認できました。

髪はセミロングあたりで赤茶色の髪でした。

口紅の上にグロスたっぷりでした。



しかし、ヒゲが生えていました。



その人もまた男だったのです。

バッチリ男っだったのです。





俺の顔に近付いて何をしていたのかというと、鼻を突きだしてニオイを嗅いでいたようなのです。

首筋を流れる汗のニオイを。

俺は何十秒間クンクンされ続けていたのです。




気持ち悪いです。



ですが、それを避けるのにも注意するのにも十分な体力はなかったので、何もしませんでした。

あまりに疲れていました。


ですから、

そのままクンクンさせてあげたのです。


そこから3駅分、ずっとクンクンされ続けていました。





これが無抵抗ボランティアなのです。


↓いつも応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます

こんな人を見ました

どーも、arizonaです。


前回の憲法9条の記事のコメントに対するコメントは、また時間のある時に書きますので。



俺は普段地下鉄で大学に通っています。

それで今日も、授業が午前中だけだったんで友達とモスバーガーに行って「辛テリ~ヤキバーガー」を食べてから、地下鉄で家に帰ろうとしたんですね。

乗る前から気付いてはいたんですが、俺が一番前に立って地下鉄を待っていたのに途中から割り込んで俺の前に立っている男子高校生がいたんです。

眼鏡をかけていて、髪はサラサラで長さは普通。

紺よりもうちょっと青めなブレザーを着ていて、黒とグレーのリュックを背負っている。

彼は地下鉄が到着するなりスルスルと人の間をかいくぐり、吊革を握りました。

「席空いてんだから座ればいいのに」と思いながら、俺は彼の後姿が目の前に見える席に座りました。

まぁ初見で彼から変な人オーラが出てたんで、興味深くて彼を観察してたんですけど、彼が前方車両と後方車両をキョロキョロ見渡すんですよ。

それも、腕時計を確認したり、辺りを見渡したり、の繰り返しなんです。

3回繰り返した後、その車両に乗っている人の数を数え始め、それ終えたらメモ帳に書き込んでいました。

何がしたいのかわからないけど悪い人じゃないなと感じ、じぃっと彼を見て楽しんでいました。

そして彼が降りてしまい、ちょっと寂しい気分になったのも束の間、やはり彼はそこで終るような男じゃなかったということを知りました。

普通の人は階段を上がって改札に行くんですが、彼は降りた途端、立ち止まって電車のほうに向きなおり、前方と後方を「ビシッビシッ」と指差し、左手を無線を持っているような形にして、それを口の前にあてがい、何かを喋り出したのです。

そこでピンと来ました。

その様はまさに車掌さんでした。

彼はおそらく車掌さんになれるように努力していたのです。

地下鉄に乗る前に、彼が横入りしたのかと思いましたが、実は一番前に立っていた俺の身の安全を考えて万が一にでも線路の上に落ちないように守ってくれていたのです。

席が空いていたのにも関わらず、座らずに吊革につかまっていたのは、乗客の俺たちを優先的に座らせて怪しい人や物がないか監視してくれていたのです。

乗客の数を調べていたのは、時間によって変わる乗客の数を知り、将来快適なサービスを提供するための予備調査をしていたのです。




彼は何て将来設計のしっかりした人なのでしょう!

まだ高校生なのに乗客の身の安全まで考えてくれているとは、とっても素敵です。

彼に任せておけば、未来の地下鉄業界は安泰でしょう。




俺の隣に座っていた女子高生2人組も彼を見ていたようで、彼についてこのように評価をしました。


「なにアレ、オタク?きもーい。」




↓応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ

↑人気の大学生ブログのランキングに飛びます。お気に入りのブログを探してみては?
本音に付き合ってくれた人の数
プロフィール

arizona

Author:arizona
大学生・20歳です。
1年半以上学業に専念していたので、ちょっと変な男の子になってしまいました。

「本音」記事
「本音」で書いた記事を載せます。これを読めばarizonaの主義が見えてきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あわせて読まれてます
あわせて読みたいブログパーツ
ランキングに参加しています
1日1クリックで応援よろしこ! 人気ブログランキングへ
リンク
相互リンクについて
リンクはフリーです。どんどん貼っちゃってください。相互リンクの申し込みは、メールでもコメントでもどちらでもOK。大歓迎です。お気軽にどうぞ♪ でも申し訳ありませんが、長らく更新しないブログのリンクは勝手に判断して消してしまうかもしれません。もし更新を再開して、リンクが消されてしまっていたら、こっそり僕に教えてください。そのときはまた貼りますので。 相互リンクの場合は、先にリンクを貼ってからメールorコメントしてくださいね。メールアドレスはarizonamaaax☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
rel="_RAclick"