スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無抵抗ボランティア

どーも、arizonaです。


ついさっきホテルのバイトから帰ってきました。

ホテルのバイトといったって、カウンターとか清掃とかいろいろ部門があるわけで。

俺がやっているのは、宴会サービススタッフです。

企業や団体のパーティや、結婚披露宴や、法要や、商品戦略会議や、講演や、トークショーなど様々な宴会をもてなすウェイターのような仕事です。

さすがにホテルの名前は言えませんが、誰でも知ってるホテルです。

日本人ならね。

かなり有名なので、たまに芸能人が来たりします。

東京に住むよりも芸能人に会える可能性は高いです。

そして政治家の人もよく来るようです。


ですが宴会サービススタッフと言っても、まぁ宴会は2時間くらいで終ります。

実は仕事のメインは力仕事なのです。

重い椅子を何十個も運んだり、円卓や細長い卓などを移動させたり。

かと思えば、ナプキンを折って華にしたり、テーブルセットやつまようじまで厳格に整わせなければいけなかったり、繊細な仕事も多いです。


この仕事の最大のネックは、頭髪検査が厳しいことです。

男子は染めちゃだめで、後ろ髪は襟にかからない長さで、もみあげも短く耳が見えるくらいでなければなりません。

そして仕事前には整髪料で前髪を上げておでこが見えるようにし、それ以外の髪を立たせないようにするんです。

さらに、制服は支給ですが革靴は持参だったり、栓抜き持参ってのは面白いところですよね。

女子は染めても明るすぎなければOKで、まとめて団子にすれば問題ない感じです。

この条件なら、必然的に男子が少なくなりますよね。

大学生になってから、染めたりする人激増しますもん。

現在、男子1割女子9割という状況です。


さらに必然的にとてつもなくツライ力仕事は男子に回されるわけです。

一会場に男子は1人くらいですからね。




そして例によって力仕事を任されてクタクタになった俺は、フラフラしながら地下鉄に乗り込みました。

私服に着替えても、汗が止まらない状態でした。

座りました。

もうのども渇いたし汗も止まらないわで最悪な気分な上にあの疲労。

目は虚ろに放心状態でした。

催眠術にかかった人みたいな目で一点を見つめているんだけれど、その景色はなんも映らないような感じですね。


その時23時30分ごろ。


しばらくぼーっとしていると、二人組が現れたんです。

一人は俺の右隣に座り、もう一人はその一人目の前に立ちました。

相変わらず俺は生気のない表情だったと思うんですが、立っている人がものすごくデカイ人だったんで興味を持っちゃったんですよね。

おそらく190くらい・・・

そこでチラッと横目で見ました。

そしたら女物の服が見えたんです。

女にしてはデカイなと思い、さらに興味をもってしまい、今度は顔を見てみました。








明らかに男なんですよね。


髪は長いんです。

口紅もしてるんです。

キャミソール的なもの着てるんです。




でもやっぱり男なんですよね。



ひげの跡がすごいんだもの。

顔がゴツゴツしてるんだもの。



初めて実物のニューハーフさんにお会いして、生気のない放心状態の表情な一方、頭の中でものすごく興奮していました。

汗をダラダラ流しながら。



そのとき、興奮を冷ますには十分な出来事が突然起こりました。


右隣から生温かい風を感じたのです。

一定のリズムでその風が来るため、怖くなりました。

っていうか気持ち悪い風だったんです。


なんだ?!と思って右ななめ下を見やると、スカートを穿いている人の足が見えました。

しかし違和感があったのです。



その脚からは毛が生えていたのです。

女の人が手入れを怠ってそうなったとしても許されない量の毛でした。



我慢できなくなって右の人の顔辺りを見てしまいました。




なぜかその人はこちらを見てました。

しかも異常な近さで。




ばっちり目が合い、その人の顔を確認できました。

髪はセミロングあたりで赤茶色の髪でした。

口紅の上にグロスたっぷりでした。



しかし、ヒゲが生えていました。



その人もまた男だったのです。

バッチリ男っだったのです。





俺の顔に近付いて何をしていたのかというと、鼻を突きだしてニオイを嗅いでいたようなのです。

首筋を流れる汗のニオイを。

俺は何十秒間クンクンされ続けていたのです。




気持ち悪いです。



ですが、それを避けるのにも注意するのにも十分な体力はなかったので、何もしませんでした。

あまりに疲れていました。


ですから、

そのままクンクンさせてあげたのです。


そこから3駅分、ずっとクンクンされ続けていました。





これが無抵抗ボランティアなのです。


↓いつも応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます

コメント

非公開コメント

なによりそれ以上何もされなくて本当によかったです………!!笑

No title

arizonaさんは男女問えない人に人気なんですね・・!

No title

うほっ!!
でもあれですね。人気(ひとけ)の少ないところに連れて行かれなくてよかったですねww
コンビニ店員にそんな感じの人いましたww目を疑いましたよ(笑)

No title

うほっ!!
クンクンってw
なんかゼロの使い魔のクンカクンカのコピペを思い出してしまったw
ドマイです

No title

>あきさん
危なく好奇心で抱かれるところでしたw

>ホタルさん
真ん中に人気ですねw

>Mr.Stickさん
コンビニ店員で真ん中はアウトでしょうw

>ヒゲめがねさん
先生、話についていけません!w
本音に付き合ってくれた人の数
プロフィール

arizona

Author:arizona
大学生・20歳です。
1年半以上学業に専念していたので、ちょっと変な男の子になってしまいました。

「本音」記事
「本音」で書いた記事を載せます。これを読めばarizonaの主義が見えてきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あわせて読まれてます
あわせて読みたいブログパーツ
ランキングに参加しています
1日1クリックで応援よろしこ! 人気ブログランキングへ
リンク
相互リンクについて
リンクはフリーです。どんどん貼っちゃってください。相互リンクの申し込みは、メールでもコメントでもどちらでもOK。大歓迎です。お気軽にどうぞ♪ でも申し訳ありませんが、長らく更新しないブログのリンクは勝手に判断して消してしまうかもしれません。もし更新を再開して、リンクが消されてしまっていたら、こっそり僕に教えてください。そのときはまた貼りますので。 相互リンクの場合は、先にリンクを貼ってからメールorコメントしてくださいね。メールアドレスはarizonamaaax☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
rel="_RAclick"