スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やめられない止まらないコナン

どーも、arizonaです。



最近寝不足でして。

前回の記事からわかるとおり、おそらくコナンが原因なんでしょう。

でもやめらんねえ。

さらにバイトがみっちり入っちゃってたから、疲れがたまってしまって。

バイトで疲れれば疲れるほどコナンを欲してしまうんですよね。

そして寝不足になるという。

完全な悪循環です。

もはやコナン中毒です。



あ、知ってました?

コナンの口癖は「バーロー」でよく知られてますが、実はもっと頻繁に使う口癖があるんですよね。

それは、呆れたときによく使う、「おいおい」だったり「(ハとへの中間の声で)はぇはぇ~ん」なんですよね。



どーでもいいですけど。



あと最近のコナンでは、灰原の教育的なところが強調されてますね。

元太・光彦・歩美ちゃんがコナンに頼りきりにならないように、ヒントを与えながら自発的に考えさせたり。

灰原の普段の様子とのギャップにキュン死しそうです。



それとずっと見ていて気づいたのが、コナンって絶対に元太たちを責めないんですよね。

たとえば元太が何かをやらかしてマズイ展開になったとしても、あとから「なんでそんなことしたんだよ!」とかは言わないんです。

コナンの中身は高校2年生ですけど、高2にしてはかなり大人です。



そして、蘭と園子の胸の大きさはどっちが大きいと思いますか?

園子です。

どうでもいいですね。

でも蘭だって、初登場シーンから比べたら回を追うに従ってだんだん胸が育ってるんですよね。

なぜでしょう?


ここからは勝手な推測、いや妄想です。

トロピカルアイランドのジェットコースター殺人事件以来、新一が姿を消してしまいました。

たまに姿を現すけれど、すぐにまたいなくなってしまう。

電話の声でしか新一の存在を感じられない。

会いたい。

けれど会えないから、寂しい。

その寂しさから耐えられなくなってしまい、自分を慰めるように胸を・・・・



おっと、ここまでにしておきましょうか。

妄想をぶちまければぶちまけるほど、arizonaに対する好感度が下がっていくのを感じます。


さらに胸について言及するならば、灰原の胸が意外にあることが気になります。

あの胸で小学1年生は反則でしょう。

おじさん食べちゃいたい。


ああ、いかんいかん。

つい下ネタに走ってしまう。

推理モノなのにエロ目線で見てしまうなんて、相当な寝不足?です。

疲れているということで勘弁してください。



↓いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます

Asahi 玉露と抹茶チューハイ

どーも、arizonaです。



これ知ってますか?


おちゃ



最近のマイブームが、夜に酒飲みながらコナンを見ることなんですよねww

映画を見てから急に再ブームが到来しまして。

しばらくみてなかったんで、今どこらへんまで行ったのかとか知らなかったんです。

「あれ、キャンティとコルンて誰?!」

みたいな。

TVオリジナルを除いて見てなかったところから全部見てます。

そろそろ今のに追いつきそうです。



でね。

コナンのお供としてスーパーで安かったから買ったんですよ。

「玉露と抹茶チューハイ」
を。






味はね・・・


くっそマズイんですよ!

いやもうね、なんでこんなの作ったんだってくらいマズイんです。


マズすぎて噴き出すって感じじゃなくて、口の端から流れ落ちるみたいな。




はじめに、普通のお茶の味がするんですよ。

で、そのあとが問題です。



スピリッツのアルコールが口の中に入ってのどを通ると同時に、

抹茶独特の苦みが・・・



のああぁああぁぁぁああああ


ひぃいっぃぃぃぃぁうううううええええぇえぇ





腹の中にたまったアルコールと抹茶の風味がなぜか逆流!!


気味の悪いニオイのこもった風、いや大気が胃から食道へ戻って口を出て鼻へモハァァーン!

臭っっっっっっっ!!!


ぬぅううぁぁああああああああああああ



抹茶はアウトォォォオオオオッァァァアアアアアア




アルコールと抹茶は混ぜるな危険だぁぁぁぁぁあああああああねえぇええ


おっと吐き気が・・・・・


ううううううううっぅうぅうう


ひぃいぃぃっぃぃぃい!!








まぁ飲んでみてください。

絶対後悔しますから。



↓いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます



無抵抗ボランティア

どーも、arizonaです。


ついさっきホテルのバイトから帰ってきました。

ホテルのバイトといったって、カウンターとか清掃とかいろいろ部門があるわけで。

俺がやっているのは、宴会サービススタッフです。

企業や団体のパーティや、結婚披露宴や、法要や、商品戦略会議や、講演や、トークショーなど様々な宴会をもてなすウェイターのような仕事です。

さすがにホテルの名前は言えませんが、誰でも知ってるホテルです。

日本人ならね。

かなり有名なので、たまに芸能人が来たりします。

東京に住むよりも芸能人に会える可能性は高いです。

そして政治家の人もよく来るようです。


ですが宴会サービススタッフと言っても、まぁ宴会は2時間くらいで終ります。

実は仕事のメインは力仕事なのです。

重い椅子を何十個も運んだり、円卓や細長い卓などを移動させたり。

かと思えば、ナプキンを折って華にしたり、テーブルセットやつまようじまで厳格に整わせなければいけなかったり、繊細な仕事も多いです。


この仕事の最大のネックは、頭髪検査が厳しいことです。

男子は染めちゃだめで、後ろ髪は襟にかからない長さで、もみあげも短く耳が見えるくらいでなければなりません。

そして仕事前には整髪料で前髪を上げておでこが見えるようにし、それ以外の髪を立たせないようにするんです。

さらに、制服は支給ですが革靴は持参だったり、栓抜き持参ってのは面白いところですよね。

女子は染めても明るすぎなければOKで、まとめて団子にすれば問題ない感じです。

この条件なら、必然的に男子が少なくなりますよね。

大学生になってから、染めたりする人激増しますもん。

現在、男子1割女子9割という状況です。


さらに必然的にとてつもなくツライ力仕事は男子に回されるわけです。

一会場に男子は1人くらいですからね。




そして例によって力仕事を任されてクタクタになった俺は、フラフラしながら地下鉄に乗り込みました。

私服に着替えても、汗が止まらない状態でした。

座りました。

もうのども渇いたし汗も止まらないわで最悪な気分な上にあの疲労。

目は虚ろに放心状態でした。

催眠術にかかった人みたいな目で一点を見つめているんだけれど、その景色はなんも映らないような感じですね。


その時23時30分ごろ。


しばらくぼーっとしていると、二人組が現れたんです。

一人は俺の右隣に座り、もう一人はその一人目の前に立ちました。

相変わらず俺は生気のない表情だったと思うんですが、立っている人がものすごくデカイ人だったんで興味を持っちゃったんですよね。

おそらく190くらい・・・

そこでチラッと横目で見ました。

そしたら女物の服が見えたんです。

女にしてはデカイなと思い、さらに興味をもってしまい、今度は顔を見てみました。








明らかに男なんですよね。


髪は長いんです。

口紅もしてるんです。

キャミソール的なもの着てるんです。




でもやっぱり男なんですよね。



ひげの跡がすごいんだもの。

顔がゴツゴツしてるんだもの。



初めて実物のニューハーフさんにお会いして、生気のない放心状態の表情な一方、頭の中でものすごく興奮していました。

汗をダラダラ流しながら。



そのとき、興奮を冷ますには十分な出来事が突然起こりました。


右隣から生温かい風を感じたのです。

一定のリズムでその風が来るため、怖くなりました。

っていうか気持ち悪い風だったんです。


なんだ?!と思って右ななめ下を見やると、スカートを穿いている人の足が見えました。

しかし違和感があったのです。



その脚からは毛が生えていたのです。

女の人が手入れを怠ってそうなったとしても許されない量の毛でした。



我慢できなくなって右の人の顔辺りを見てしまいました。




なぜかその人はこちらを見てました。

しかも異常な近さで。




ばっちり目が合い、その人の顔を確認できました。

髪はセミロングあたりで赤茶色の髪でした。

口紅の上にグロスたっぷりでした。



しかし、ヒゲが生えていました。



その人もまた男だったのです。

バッチリ男っだったのです。





俺の顔に近付いて何をしていたのかというと、鼻を突きだしてニオイを嗅いでいたようなのです。

首筋を流れる汗のニオイを。

俺は何十秒間クンクンされ続けていたのです。




気持ち悪いです。



ですが、それを避けるのにも注意するのにも十分な体力はなかったので、何もしませんでした。

あまりに疲れていました。


ですから、

そのままクンクンさせてあげたのです。


そこから3駅分、ずっとクンクンされ続けていました。





これが無抵抗ボランティアなのです。


↓いつも応援クリックありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます

ニーソについての考察

どーも、arizonaです。


なんか、ニーソってすごいですよね。

ニーソと聞いてピンと来ないオナゴはいないでしょう。

ですが、「なんすか、それ?」という男性諸君は意外といるのではないでしょうか。

ピンと来る男の中で、単にファッションとしてのニーソと意識してる人のほうが少ないんじゃないか。

単にファッションとしてのニーソというのは、普段その言葉を口に出すことなく認識できてしまうようなオサレ男子が意識するもの。

ピンと来るそれ以外の男たちは、「エロ動画 ニーソ」と絞って検索するという高難度なサーチ技術を用いたうえで自慰行為する人に違いありません。

ニーソフェチというアイデンティティを日ごろ表に出すことなく、自室限定で繰り広げるコアワールド。

「いつか彼女ができたら」と、以前にネットで買って包装紙で包んで引き出しの奥にしまっておいたニーソを彼女に穿いてもらう日を夢見てるような人たちです。


ニーソといってピンと来ない人のために説明しましょう。

ニーソとはニーソックスの略で、ニーソックスというのも実は略で、正式名称は「オーバーニーソックス」というそうです。

残念ながら、まだ男が穿いているのは見たことありませんが、普通オナゴが穿くものです。

長さが膝上まである靴下のことです。

ですが膝上といっても、最近よく見かけるのは太ももの中盤まで差し掛かったものです。




この太ももまで差し掛かったニーソがたまらんのです。



ちょっと細い感じの太ももにニーソがぴったりしてるのがたまらんのです。




でも細すぎてはいけません。

筋肉も必要なのです。

太ももに付いたしなやかな筋肉の上に、やわらかで控えめなぜい肉が乗り、そのぜい肉を軽く圧迫するニーソ。

外から見ると、ニーソと太ももの境界線に少しのくぼみがあって、くぼみを超えてオナゴの秘境へと進む道のりを登っていく過程の太もも。


そこを眺めるのが好きなのです。

触ってみたいのです。

むしろ舐めt...



ニーソの色はやはりでしょう。

別にレースとかついてなくても構いません。

白肌の太ももと黒のニーソのコントラストが楽しめればそれでいいのです。

というか、レースが付いていたら境界線があいまいになってしまって、さっき言ったくぼみ具合を味わえなくなってしまいます。



その白と黒のアートを眺めるポイントは、間違いなく後ろからでしょう。

自分の太ももを触ってみてください。

歩いてみると、前は一応筋肉がありますが歩行時にはあまり動きがありません。

平坦で何も面白みがないのです。

後ろは違います。

歩くたびに太ももの裏の中央の筋肉が出っ張ったり引っ込んだりして動きがあるのがわかりますね。

ニーソと太ももの絶妙な競演です。

そこに人間美、いや、エロスがあるのです。




みなさんも是非眺めてみてください。

もしかしたら、あなたの隣によだれを垂らしたarizonaの姿があるかも・・・





蛇足です。

ニーソを穿いた太ももは好きですけど、ニーソを穿いたオナゴはあんまり好きじゃないパターンが多いです。




↓いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ 

↑クリックしてもらえると泣いて喜びます

憲法9条問題のつづき

どーも、arizonaです。


更新がちょっと滞ってしまいました・・・

大学生って意外と忙しいんですね。

精神的に。

レポート、課題、新書、バイト、サークル、TOEICの勉強、司法書士試験の勉強・・・

そしてさらに議員インターシップにも参加しようかなと思ってしまい、精神的にパンク状態です。


あれ?

てかおかしいな、大学って合コンをやるための場所だって聞いた気が・・・

ん?

聞き間違い?

そうですか。

でも、近くの大学では乱交をしててhxkrwccwckぎゅwふぇchw知り合いがcwahck.へf。cbyrshyktr仮装whe・・・





「憲法9条改正問題について本音で語ってみた」では、みなさん長文のコメントを並べてくれて、とてもうれしかったです。

やはりここの読者様は社会に関心がありますね。

日本の若者が全員こうだったらいいのに。

なんて思いつつコメントをじっくり読んでいきました。

いつもなら、コメント欄にそれぞれ返事を書くんですが、それだとあんまりそのやりとりが多くの人の目に触れないですよね。

だからといってはなんですが、みなさんのコメントを記事に載せてそれに返事を書こうと思いました。

でもコメントを書いてくれた人の了承をまったく得ていないというのは、ブロガーとしてどうなのってところです。

ですが、そこは「まぁarizonaは変態だからな」ってことで許してください。




「正直どっちがいいのかなんて俺の頭ではわからんが

ただ9条改正=戦争ってわけじゃないしな
集団的自衛権の問題だって残ってるし
自衛戦争の項目も守っていいのか悪いのかわからん状態になってる
竹島問題だって侵略みたいなもんだろう文字色
自衛の項目については改正の余地があるんじゃないかなと

俺はそんな感じかな~~
読みにくくてごめんね

追伸
こっちに残ってたのかwww
なら馬鹿みたい広い国立の大学にしたのかい??ww」




「9条改正=戦争」という図式は確かに言葉だけでは成り立ちませんが、小泉政権以後の状況を踏まえると、「9条改正=戦争」という図式は現実のものとして立ち現れます。

具体例を挙げるなら、2003年のイラク戦争のときの小泉の行動を見れば明らかです。

自衛隊をイラクに派遣し、アメリカやその他の国の武器・弾薬を運んでいました。

この行為は、国際法上、戦争に当たってしまいます。

名古屋高裁では違憲判決が出ました。

9条を改正しなくても戦争を行ってしまうのに、9条を改正してしまったらどうなるでしょう?

たぶん歯止めが利かなくなると思います。

アメリカの筆頭植民地としてアメリカ文化の強要を迫るために、世界中に軍隊を派遣し、もし日本軍自体が攻撃しなくとも、大量殺りくの加担をすることになると思います。


そして集団的自衛権ですが・・・

主権国家である以上、同盟を結んでいる国などの密接な関わりあいがある国同士、それぞれどちらかが他国に武力などの圧力が加えられたときは助け合おうぜ♪ってやつですけど。

これに関してはホントに面倒くさいですよね。

ただ、超個人的な意見を言うとすれば、日本にはアメリカの軍隊がありますよね。

だから、日本に他国の軍隊駐屯してる以上、日本は独立国家じゃないと思うんです。

(↑もしかしたら語弊があるかもしれません。補足として、怠け者さんのコメントとそれに対するarizonaのコメントを見てください)

独立国家じゃないなら、集団的自衛権なんて存在自体がナンセンスですから。


竹島はまだ日本の領土かどうか、まだわかってないですよね?確か。

歴史的に見て、日本のものか韓国のものかは決着がついてないはずです。

だからまだ侵略とは言えないんじゃないかなぁって思います。

(↑もしかしたら語弊があるかもしれません。補足として、怠け者さんのコメントとそれに対するarizonaのコメントを見てください)

あと追伸ですが・・・ノーコメントということでww






「戦争はしない方がそりゃ、いいでしょうけど・・。

すべての国の武力放棄は、確かに夢ですね。
日本の9条だって安全保障条約でアメリカに守られているから成り立っているのかもしれません。
ただ日本が、アメリカに守られているとはいえ武力を放棄していることはとてもうれしいことです。
それだけ日本が平和になったという証でもあると思うからです。



・・難しいです。うぅ。。」




ですよねー。

でも俺は、そんなバカみたいな夢を持つ国があったっていいと思うんです。

戦争が一つでもあるから軍隊がなくならないわけで、戦争がなくなれば軍隊は最初からいらないわけですから。

どんな争いも対話で解決してほしいです。


でも、「アメリカに守られている」のではないと思います。

今の自衛隊は、警察予備隊→保安隊→自衛隊という変遷をしてきました。

はじめの警察予備隊がなんでできたかというと、1950年の朝鮮戦争があったからです。

中国、北朝鮮と、社会主義が極東に進出してきたのを恐れたアメリカが日本に「軍隊をつくってくれ」と頼んだのがきっかけでした。

防波堤としての役割です。

そもそも日本が資本主義に行こうが社会主義に行こうかなんてのは日本の勝手です。

それを、社会主義を広めたくないというアメリカの都合で強制的に軍隊を作らされたわけですから、日本がそれを有り難がっているというのもなんかおかしいと思います。





「自分は改憲に大いに賛成です
そろそろ自衛隊たんの人権を認めてあげてーー!!と思うこの頃
世界有数の戦力を持っててもまともな法整備がされてないと国防に重大な支障をきたしてしまいます
自衛隊を戦える自衛軍に変えるための憲法改正が必要だと思います
侵略戦争を危惧しますけど内容に「他国の侵略戦争に加担しない」みたいに書いてそれを理由にISAFとかに参加しなければいいいんじゃないかと素人ながらの考えを

問題(本命?)は北朝鮮のようなチンピラではなく中国です
野心的な中国が全力で軍拡をおしすすめ日増しに脅威を増している中で、いざというとき有効に戦えるよう法整備しておくのはこの国の平和のためだと思います
せめて台湾有事の時に米軍の後方支援が出来るくらいにはしとかないとマズイと思う
台湾が中共のものになったら日本の輸出入のコストが大打撃\(^o^)/

竹島侵略されても気にならない国民ばかりじゃ憲法改正の選挙を行ってもたぶん改正されないだろうけどね・・・orz」



俺は予備校で元自衛隊の先生に教わったことがありますww

その人も、「日本は強いのだから、その戦力を使わないともったいない。何しろ自衛隊はやる気満々だ。なのにこの国の弱腰のせいで自衛隊が戦えなくて可哀そうだ」と言っていました。

彼は、今でも自衛隊の中に多くの友達がいるらしく、みんな同じ意見だと言ってました。

これを聞いてみなさんどう考えるでしょうか?

ちょっと・・・恐ろしくないですか・・・?

もしかしたら、彼は頭おかしいのかもしれませんが、この言葉からは「自衛隊は武器を使って戦うことが好き」という意味にとれてしまいます。


さっき書いた通り、9条改正する前から他国の侵略戦争に加担してしまっているので、改正したらとんでもないことをしそうで怖いです。


確かに中国はどうしたもんでしょう。

こちらから何もしなくてもちょっかい(領海・空侵犯)を出してくるので・・・。

靖国参拝程度(と言ったら語弊がかなりありますが)であんなにアクションを起こすんですから、もし9条改正したら戦争秒読み段階になりそうです。


台湾有事の時に米軍の後方支援をしてしまえば、台湾分の輸出入の利益は確保されるかもしれませんが、中国と戦うわけですから、中国分の輸出入の利益がなくなってしまいます。

国益のためにと戦争すること自体が国益を損なってしまうというアンビバレンスに陥ってしまうんではないでしょうか?




「どうも、お久しぶりです!

自分は改憲賛成です。
理由は現状の条文では解釈の幅が広すぎてナンセンスだから。
あと国防権の追加が望ましいですね。

理想を言えば、憲法を現状に合わせるのではなく、
現状を憲法に合わせるべきなんですが、
その憲法自体が未完成すぎるってのが問題だと思います。
他の憲法にも言えることですが。

改憲派も護憲派も大抵は戦争反対なので、
どちらの人も賛成するようなカッコイイ条文を誰か書いてくれるといいんですけどね!」




解釈の幅・・・広いですか?

正常な日本人なら、誰がどう読んだって「軍隊を持ってはいけないし、侵略戦争も紛争解決の手段としての戦争もしない」と読み取れると思うんですが。

国の、自衛隊は軍隊じゃないという説明に納得する人もいないでしょうし。

政治家が行う解釈っていうのは、こじつけにも説明にもなってないものだと思います。

無から有を起こしています。


確かに戦争を望む人はあんまりいないですよね。

戦争を避ける手段としての意見が割れているだけで。






「何というか、勉強になります!
私も「日本人が作ったものじゃないから変えたい」というのは、このグローバルの時代にどうなんだろうと思ってます。

私の意見がどっちの支持になるのか分かりませんが、もし9条が強化されて自衛隊を途上国に派遣できなくなったら、日本は先進国としての義務を放棄することになるような気がして怖いです・・・
自衛隊が被災地や途上国を援助するためだけの組織(というと語弊があるかもしれませんが;)になったら、それこそ日本はただの平和主義国にとどまらない立派な先進国になれるような気がします^^」




自衛隊を途上国に派遣できなくなったりはならないでしょうね。

前に中国で地震災害が起こった時に自衛隊を派遣して、救援物資を送っていましたよね。

あのときばかりは、反日で盛り上がっていた中国のインターネットでも日本の自衛隊に感謝の気持ちを表していました。

9条がもし万が一強化されて、自衛隊の海外派遣ができなくなったとしても、NPOやNGOが存在する限り、日本は被災地や途上国の支援をするような優しい国であり続けると思います。





「カントの平和論 池内 紀さんが訳された「16歳からの平和論」で読みました。
来年国民投票法案が施行されますね。
不完全な所が多々あるらしいのに!
若い方が9条を大事に思っていることを知り嬉しいです。

先日日比谷の憲法集会で大学生のグループ“ピース・ナイトナイン”がカンパを求めていたのでわずかですが即入れました。

9条を変えて日本も戦争の出来る国になったら一番影響を受けるのは若い人たちだと思います。
9条を世界に広げたいですね。

私は九条実現を願う市民意見広告運動を手伝ってました。
3日の北海道新聞ご覧になりましたか?」




9条への愛は絶やしませんww

日比谷公園・・・うらやましいですね。

先日亡くなられましたが、9条の会の加藤周一さんの講演が東大や早稲田や明治大学で行われましたよね。

大学生が中心となって、そういうアクティブな活動をしたくても、地方ではなかなか出来ないのが歯がゆいです。


5月3日の北海道新聞見ましたよ。

この記事は朝日新聞と北海道新聞にしか載っていなかったので、読めなかった人はどうぞ↓

http://www.ikenkoukoku.jp/index.html







このブログを通して、憲法9条問題について真剣に考えてくれる人が増えるといいなぁ。

これからも賛同意見、反対意見をどしどしコメントしてください。



↓いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ

↑今は何位なんだあぁあ?!
本音に付き合ってくれた人の数
プロフィール

arizona

Author:arizona
大学生・20歳です。
1年半以上学業に専念していたので、ちょっと変な男の子になってしまいました。

「本音」記事
「本音」で書いた記事を載せます。これを読めばarizonaの主義が見えてきます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あわせて読まれてます
あわせて読みたいブログパーツ
ランキングに参加しています
1日1クリックで応援よろしこ! 人気ブログランキングへ
リンク
相互リンクについて
リンクはフリーです。どんどん貼っちゃってください。相互リンクの申し込みは、メールでもコメントでもどちらでもOK。大歓迎です。お気軽にどうぞ♪ でも申し訳ありませんが、長らく更新しないブログのリンクは勝手に判断して消してしまうかもしれません。もし更新を再開して、リンクが消されてしまっていたら、こっそり僕に教えてください。そのときはまた貼りますので。 相互リンクの場合は、先にリンクを貼ってからメールorコメントしてくださいね。メールアドレスはarizonamaaax☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて送ってください。
MicroAd
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
rel="_RAclick"